ZIG Clean Color Real Brush

開発ストーリー

COCOIRO開発ストーリー

心を込めて手書きすることの素晴らしさ、日本の和文字の持つ美しさ。文字を書く機会そのものが減ってしまった今だからこそ、もう一度興味を持っていただきたい。そんな思いから、COCOIRO(ココイロ)の企画はスタートしました。商品企画を担当した冨山比呂子さんにお話をうかがいました。

筆文字や筆ぺんは難しい?

冨山
筆ペンの持つマイナスなイメージを払拭すべく、サインペン感覚で日常のあらゆる場面で気軽に使え、おしゃれ雑貨のように楽しい気分になれる新感覚のペンを目指しました。ターゲットは、社会経験のある女性。まずは手にとっていただきたい。そのためには、女性の心を掴む、おしゃれなデザインでなければならないと思ったのです。

うるおう、弾む、伝わる。新感覚のレターペン

うるおう、弾む、伝わる。まるでスキンケア商品のようなキャッチコピーを背負うCOCOIRO。 手にとるとココロがホッとうるおう。ペンを走らせると芯先の弾力にココロが弾む。しなやかな筆記線は書く人の気持ちをそのまま伝える。今までの筆ペンとは違う、サインペンやボールペンでもない、新感覚のレターペンCOCOIRO誕生。

冨山
これまでの筆ペンは、いかにも和風な重厚感あるデザインが多かったのですが、そのビジュアルが女性の皆さんを敬遠させてしまうのではないかと。そこで、和のイメージを損なわず、それでいて雑貨のような、カジュアルなペンを目指しました。本体カラーは、和のイメージと懐かしさを併せ持ったパステルカラーを基調に展開することに。
手にした時のフィット感にもこだわり、何度も試作を重ね、現在の丸みを帯びた流線型のフォルムを実現しました。当社の従来商品にないデザインだったので、懸念する声もあったのですが、説得を繰り返し、企画当初のコンセプトを、ほぼ実現できたと想います。

COCOIRO 流線型フォルム

本体は、リフィルより少し短く、丸みを帯びたアイスキャンディーのようなフォルム

自由に組み合わせできる。カスタマイズが楽しい

COCOIROは開発当初から、本体とインクリフィルを完全に別売りする展開を構想していました。自分でカスタマイズすると、より愛着が沸いてきます。

冨山
より気軽に使って頂くために、シチュエーションによって変えることができる、使える黒以外のインク色を増やすよう提案しました。インクリフィルは、文字を書くのに適したダークカラーで統一。筆ペンメーカーとして長年培ったノウハウを生かし、弾力のある芯先と一体化したリフィルに仕上げました。

COCOIRO カスタマイズ

白葡萄×ロイヤルブルーの組み合わせ。本体とリフィルで自由な組み合わせができる。

進化するCOCOIRO

使う人の気分で本体とインクの組み合わせを自由に選んで欲しい。そんな思いから、「気持ち(こころ)の色」→「COCOIRO (ココイロ)」というネーミングが決定。発売後の嬉しい反響。COCOIROのこれから…

冨山
実は当初、10色のパステルカラー本体で完結する予定でしたが、多くの声をいただき、南国の花や果実をイメージしたシリーズ、男性をターゲットにモノトーン調のシリーズを追加しました。今では、本体16色、インクリフィル12色までになっています。さらに、2012年、基本の極細ブラックリフィルがはじめからセットされた一体型バージョンが登場。「和文字(日本語)を書くためのサインペン」としても広く知ってもらえるよう、パッケージにも工夫をこらしました。
おかげさまで、第20回日本文具大賞優秀賞をいただいたり、様々なメディアに取り上げていただいいたりと嬉しい反響が続いています。今後も皆さまの声に耳を傾け、さらなるバリエーションを検討していきたいです。

2010年8月発売

2012年2月一体型発売

2013年7月柄入り発売

2016年2月COCOIRO SUPERIOR LINE発売

詳しいラインアップを見る

PAGE TOP


関連サイト

美文字プロジェクト